「近江日野商人」 発祥の日野町

滋賀県の南東部、鈴鹿山系の西麓に位置する東西14.5km、南北12.3km、総面積117.63平方kmの町です。霊峰・綿向山を東に望む日野町は、町の花である「ほんしゃくなげ」が咲き誇る、無限の大地が育んだ自然環境に恵まれた町です。

蒲生氏郷公

この地に人が住み始めたのは古く、今から約1万2千年前と言われています。旧石器時代の終わりから縄文時代の始めころ狩猟や採集生活を、さらに弥生時代には稲作も始められていた記録があり、飛鳥時代には百済の文化が持ち込まれました。

やがて、室町時代、蒲生氏の城下町となって大きく変貌を遂げ、歴史の表舞台に登場してきました。町の繁栄の基礎を築いた蒲生氏は400年以上この地を治め、商工業の保護・育成に努力し、鉄砲や鞍などを特産品として生み出してきました。

江戸時代に入って、漆器や薬売りの行商から発展した日野の商人は近江商人の基礎を確立し、その中心の町として繁栄、全国各地に商圏を伸ばす近江日野商人として名をとどろかせていきました。


日野のおすすめ観光ポイント
ブルーメの丘 日野商人館 グリム冒険の森
ピックアップ情報
しゃくなげ渓の紅葉

%e3%81%97%e3%82%83%e3%81%8f%e3%81%aa%e3%81%92%e6%b8%93%e7%b4%85%e8%91%89秋も深まってきました。しゃくなげ渓の紅葉も真っ赤に色づいています。(※11月20日までは車道以外は立入禁止です。ご注意ください。)

日野案内
関連リンク