鎌掛谷ほんしゃくなげ群落

 

鎌掛谷ほんしゃくなげ群落

天然記念物

ほんしゃくなげ標高300mから400mの赤松の多い谷間、約4万平方にほんしゃくなげが群生しています。

 

 

 

 

 

ほんしゃくなげしゃくなげは高山植物で、普通は800mから1,000mの高所に自生していますがここでは低地に、しかも群生しているということで大変珍しく昭和6年に国の天然記念物に指定されました。

4月下旬から5月上旬の開花時期には、ホンシャクナゲを観賞する多くの人で賑わいます。

 

 

 

【住 所】 日野町鎌掛・しゃくなげ渓
【開花期】 毎年4月下旬~5月上旬
【交 通】 近江鉄道日野駅から鎌掛行バス終点下車。徒歩約40分。開花時期、日野駅よりしゃくなげ渓まで臨時バス運行(鎌掛行バスは日・祝日運休)

pagetop